江戸時代にヨーロッパ諸国でとても人気の高かった伝統工芸品であり、近年復活を遂げた風流な藤の花の絵付けが施された薩摩焼のボタンに、艶やかなスターリングシルバー製のボディーを鍛造叩き出しで製作した逸品。フルオーダーでお作りしたキーリングです。

 

925 Starling Silver 製(リング部分950Silver製)

サイズ:70× 46 × 8mm(リング部分を含む)

重さ:25g

SATSUMA BOTTOM KEY RING

¥26,880価格
消費税込み
  • 薩摩ボタンとは、鹿児島県の伝統工芸品「薩摩焼」を基盤にした陶器製のボタン。江戸時代、薩摩藩は幕府に対抗する為の軍資金調達のため考案されたのが、この薩摩ボタンです。主に輸出目的として作られ、着物と並び、日本を代表する芸術品として、当時、ヨーロッパでは和文化への関心も高く、日本絵画のエッセンスが凝縮されたこの小さな陶器製のボタンは「SATSUMA」という愛称で親しまれ、大変な人気を集めたそうです。

    薩摩ボタンには、虎や兎、雀などの動物をはじめ、植物や風景、芸者や武者など当時の日本文化を偲ばせる風情ある意匠が描かれました。西洋文化であるボタンに、当時の日本の生活風景を描き、和と洋を融合させる事に成功した薩摩ボタン。当時この融合はかなり革新的でオシャレなものでした。その美しい色絵(いろえ)。貫入(かんにゅう)と呼ばれる細かなヒビ模様の入ったボタン表面には、まるで高級陶器の壺を思わせる絵が色彩豊かに描かれています。

    MAKANALEI ホームページ

    http://www.satsumabuttons.jp/pattern/Pattern%20of%20satsuma15.1.html#bm-new

    上記サイトよりお好みの薩摩ボタンをお選びいただき、オーダーにてお作りいたします。